CSR活動

未来のための森づくり

2017年イズミグループは、環境事業およびCSR活動の一環として、林業に参入いたしました。

日本は国土面積の約66%が森林という先進国の中では有数の森林大国でありながら、昭和30年代に導入された木材輸入の自由化、昭和40年代の変動相場制の 導入等を理由に国産木材価格は下落を続け、それに伴い木材自給率も大きく下落、日本の林業は衰えつつあります。
またこれらの問題を背景に、放置された森林が環境問題につながっているのが現状です。
十分な手入れがなされていない荒廃した森林は、公益的な機能を発揮できず、台風などの被害を受けたり、大雨等により土砂災害を起こしやすくなります。また二酸化炭素を吸収する機能も低下し、温暖化防止機能も低下します。
本来の山林が持つ公益的な機能を発揮するためには、植林した山林を育て、定期的な間伐を行うことで木の成長を促し、時期が来たら伐採し、そこにまた植林するというサイクルを維持することが必要です。このサイクルを円滑に行うには国産材の需要を高めるとともに、積極的に利用し、資金を山に還元する必要があります。

私たちイズミグループは、このサイクルを理解し、延べ7年の年月を費やし、100万本弱のミズナラが植林された北海道紋別市の山林約130万坪(東京ドーム約91個分)を2017年8月に購入いたしました。また2018年10月には、アカエゾマツやトドマツが植林された北海道紋別郡興部町の山林約10万坪を購入いたしました。
地元の森林組合に加入し適切な管理と間伐を行うことで、微力ながらも地球温暖化対策に貢献するとともに、川や海の環境回復にも繋がることを願い、樹の 成長を見守ってまいります。

これからの地球・未来のために、今は小さな苗木たちが50年後・100年後に豊かな緑の山林となっていることを願い、継続的な植林活動および山林購入・管理を行いたいと考えております。

見渡す限りの植林 2017年春

苗木の成長の様子 2017年春

敷地内には林道が整備されています

敷地内を流れる小川